ねぶくろシネマ『ボヘミアン・ラプソディ』(野外映画上映会)in川崎競馬場

7月26日(土)、仕事のあと、JR川崎駅から徒歩15分のところにある「川崎競馬場」に行ってきました。

 

「川崎競馬場」と言っても、馬券を買って一攫千金を狙うためではありません。

 

「ねぶくろシネマ」という映画の野外上映会に参加するためです。「ねぶくろシネマ」では、色々な映画を上映しているようでしたが、この日は『ボヘミアン・ラプソディ』でした。

 

ちなみに、寝袋をもっていく必要はなく、テントは禁止。芝生の上で映画を観るため、レジャーシートやアウトドア用イスは各自が持参するスタイル。私は、レジャーシートとあわせて、クッションも持って行ったが、とても役に立ちました。

 

 

 

「ねぶくろシネマ」は、野外で映画を見よう、子ども連れでも気軽に参加でき、子どもがさわいでもよい空間として運営するというイベントで、東京都調布市からはじまり、川崎競馬場での開催は3回目のようで、首都圏で37回目となる企画だったそうです。

 

 

18:30上映開始とのことで、17:00に行きましたが、参加費無料であることもあり、たくさんの人が来て並んでいました。16:30〜17:30は会場に入れないのですが、16:30より前に会場に来て場所取りをしている人も多数いました。

正確な人数はわかりませんが1000名以上の参加者がいたと思います。

 

 

映画のスクリーンは、川崎競馬場で普段はレースを写すために使われている液晶スクリーン「ドリームビジョン」

写真ではわかりにくいですが、背後のマンションとの対比で大きさを見ていただけると、その巨大さがわかると思います。

横72m×高さ16m。一時は世界一だったそうです。(現在はドバイの競馬場の液晶スクリーンが世界最大)

 

写真の手前の茶色の部分が、お馬さんが走るレースのコースです。

 

 

私たちは会場の真ん中付近に敷物をひきました。

すでに、たくさんの人々が来ています。

 

通路を挟んで後ろ側にも、たくさんの人。

その後ろには、競馬観戦用のイスに座って映画を鑑賞している人もいました。

 

私が座った場所から後ろ側を見たところの写真。

この後も、続々と参加者が来て、人口密度が高まっていきました。

 

18:30少し前に、主催者から挨拶。

その後、このイベントが無料で開催できるのは、スポンサーがいるからだと「株式会社コスモスイニシア」を紹介。

「株式会社コスモスイニシア」の担当者から、「10、9、8・・・」とカウントダウンして、最後にみんなで「コスモスイニシア」と叫んでくださいと案内。

映画がはじまりました。

 

無料のイベントなので、企業の宣伝映像やコマーシャルがあるかと思っていましたが、いきなり『ボヘミアン・ラプソディ』がはじまりました。

 

 

映画は、大型スクリーンなので大迫力。横長のスクリーンのため左右に同じ映像が2つ映し出されました。

音響も素晴らしかったです。映画は吹き替え版で、字幕も表示されました。

 

 

会場には、ビンとカンは持ち込み禁止でしたが、ペットボトルの飲み物や、食べ物は持ち込みができました。

また、売店もあり、ビールなどは、すごい行列ができていました。

 

私は、写真のように、ポップコーンと、ポークたまごおにぎりを購入。

 

 

スパム(ランチョンミート)の挟まった、ポークたまごおにぎりが、とても美味しかったです。2個で500円でした。

 

 

映画館と違い、空の流れゆく雲を見て、風と光を感じながら、開放感あふれる場所での野外上映映画は、、アウトドア感覚ですばらしい。みんなが、レジャーシートやキャンプ用のイスに座り、足を伸ばしくつろいで映画を観ていました。

 

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、伝説の人気ロックバンド「クイーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーの生涯を描いたお話。会場は夜になり、曇りで星空とはいかなかったが、独特の雰囲気の中で、「クイーン」の名曲が演奏されると、歌にあわせて大きな手拍子が会場から沸き起こる。

映画の最後のライブシーン(20世紀最大のチャリティーコンサートとよばれるライブエイドでクィーンが歌うシーン)では、まるで生のライブ会場のように、観客の多くが立ち上がり、歌いだす、たいへんな盛り上がりに。

大きな拍手に包まれて野外映画上映会は終了。

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

 

 

 

1