外出自粛や休校で時間がある今こそ読んでほしいお薦めの書籍『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』

出口の見えない新型コロナウイルスの影響で、外出自粛や休校が続いています。

いそがしくなった方がいる一方で、時間をもてあましている方も少なくないのではないでしょうか。

 

あせっても、どうしようもありません。

こうした時は、本でも読んで、自分を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

 

本日、紹介するのは著名な心理学の大家であるアルフレッド・アドラーの言葉を紹介した『人生に革命が起きる100の言葉』という本です。ダイヤモンド出版から2014年に発売された本で、小倉広さんが著者です。

 

私は、この本はとても感動して、これまでに10人以上にプレゼントしてきました。

タイトルに惹かれて「心理学」系の本を買ったけど、つまらなかったとう経験のある方もいると思います。

世の中には「心理学」系の本は無数にあり玉石混淆ですが、この本は読む価値があると自信をもって推薦できます。

よくわからない専門用語の解説書ではなく、自分の生活に応用できる実践的な内容が簡潔な言葉で書かれています。

 

推薦図書「アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる100の言葉」小倉広著、ダイヤモンド出版

 

心理学には様々な流派、論理があり、どれが一番良いと断定できるものではありませんが、私の考えや感性に最も近いものがアルフレッド・アドラーです。

 

心理学の中には、過去に起きた出来事、抑圧されている感情や無意識に焦点をあて、深める理論があります。

これに対してアドラーは、私の解釈では、未来志向というか、過去は変えられないが未来の自分は自分で決めることができるとう点を基本姿勢にしています。

 

1つ、この書籍の中の言葉を紹介すると『「遺伝もトラウマもあなたを支配しない。どんな過去であれ、未来は「今ここにいるあなた」が作るのだ。』というものがあります。著者は言います。「私たちは、ついつい、現在の問題を過去のせいにしてしまいがちです。しかし、それは単なる言い訳です。過去の体験をバネにして未来を切り開く道を選ぶのか、ふてくされて被害者のふりをして言い訳だらけの人生を過ごすのか。それを決めるのは自分です。自分次第でいかようにでも進む道を決めることができるのです。」

 

心理学者アドラー遺伝もトラウマもあなたを支配してはいない。

 

そして、人間は1人ひとりが違う性格・ライフスタイルをもっており、それぞれが主観的に世界を認識しており、自分の色眼鏡をとおして世界を見ていると指摘、性格・ライフスタイルに歪みがある場合には、それを直すこと、いつでも直せることを指摘しています。

 

 

 

本著から引用すると、『「私は〇〇である」、「世の中の人々は〇〇である」、「私は〇〇であらねばならない」、性格の根っこには、この3つの価値観がある』と紹介されています。

上記の文章の〇〇には、具体的にそれぞれ、どの言葉が入るのか、正解はありません。

自分にぴったりの言葉、しっくりくる言葉を入れてみると、それが自分の性格・ライフスタイルを形成する基本的なものの見方となっていることに気づくといいます。(1つめが自己概念、2つめが世界像、3つめが自己理念)

 

もう1つ、私がこの本を推薦する理由は、心のもち方だけでなく、生き方、人間の社会性の重要さを指摘している点にあります。

アドラーは言います。『「なぜ隣人を愛さなければいけないのか」「私の隣人は私を愛してくれるのか」と尋ねる人は協力する訓練ができておらず、自分にしか関心のないことを露呈している。人生におけるあらゆる失敗の原因は、自分のことしか考えていないことにある』。

 

そして、話は「共同体感覚」へと進みます。

人間が幸せになるためには、何が必要なのか?

この本では、簡潔に書かれています。

『「他者は私を援助してくれる」、「私は他者に貢献できる」、「私は仲間の一員である」、この感覚がすべての困難からあなたを開放するだろう』

筆者は言います。『「共同体感覚」はアドラーの心理学の中核とも言える考え方です。・・そして、この「共同体感覚」は、以下の3つにより構成されています。ー囲の人は私を援助してくれる=他者信頼、∋笋麓囲の人へ貢献できる=自己信頼、(その結果として)私は共同体に居場所がある=所属感、の3つです。』

『では、,鉢△發覆た佑呂匹Δ垢譴个いい里任靴腓Δ。・・あなたから始めるのです。見返りを求めず、承認も求めず。そこから始めるのです。』

 

心理学者アドラー「共同体感覚」を高めることがあなたを救う

 

そして、著者の小倉広さんは、こう解説しています。

『犯罪者、精神病者、アルコール依存症、性的差倒錯者、自殺する人ー。一見すると、それぞれまったく違った問題を抱えているように見える人たち。しかし、アドラーは彼らの問題の根は一つだ、と喝破しました。それこそが「共同体感覚」の低さ。相手よりも自分のことを優先するがゆえに、相手から支援されているという実感を持てず、社会的に孤立する。居場所がない、と感じてしまい、その補償行動として、それぞれの問題行動を起こす、と定義したのです』

 

私自身、これまでに多くの方の相談にのってきましたが、この指摘は鋭いと思いました。

 

この本は、他にも、重要なことを心理学者アドラーの言葉を引用して提起しています。

 

『健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる。不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。』

 

『自分の不完全さを認め、受け入れなさい。相手の不完全さを認め、許しなさい』

 

『人の心理は物理学とは違う。問題の原因を指摘しても、勇気を奪うだけ。解決法と可能性に集中すべきなのだ。』

 

『自分だけでなく、仲間の利益を大切にすること。受け取るよりも多く、相手に与えること。幸福になる唯一の道である。』

 

こうした100の言葉を紹介、著者の小倉広さんが解説する、読みやすい本です。

 

著者:小倉広『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』は、ここから購入できます。

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

1