東京都知事選挙、宇都宮健児氏の出馬を歓迎します。ぜひ、野党各党は統一候補として支援を!

2020年7月5日の東京都知事選挙・投票日が目前に迫ってきました。

私は神奈川県民なので他の地域の知事選挙にはそこまで興味はありませんが、日本の首都東京のトップを選ぶ都知事選挙は国政にも大きな影響をあたえる重要な民主主義の場であり、どんな結果となるのか注目しています。

 

残念ながら、野党と市民の共同候補者の発表は、今日までおこなわれていません。

6月18日の選挙戦の告示まで一ヶ月を切っており、遅すぎます。

 

そんな中、宇都宮健児さんが本日、立候補を表明しました。

 

 

弁護士で反貧困ネットワーク代表の宇都宮健児氏に期待します。

 
小池知事や出馬表明している元ライブドア社長の堀江氏では、この国は良くならないことは明らかです。
 
宇都宮健児氏は、2014年の東京都知事選挙では、小泉純一郎元首相が支援した細川元首相より多くの票を集めて2位でした。
野党と市民の統一候補として支援する体制ができれば勝利の可能性はあります。
 
東京オリンピックを推進してきた小池氏に対して、もし「東京オリンピックは新型コロナ問題で断念、都は生活と営業を支えることに専念する」と訴えれば、争点も鮮明になると私は個人的に思っています。
 
宇都宮健児氏は、2016年の東京都知事選挙も出馬を予定して準備を重ねていたが、野党各党が鳥越俊太郎氏に候補者を一本化したため、市民派の票が割れて共倒れにならないように出馬をとりやめた英断もしている素晴らしい人間です。
 
民主党関係の人々の中には不戦敗もやむなしというムードがあると報道されていますが、とんでもありません。
 
この先の衆議院解散総選挙も見据えて、首都東京で、野党と市民の共闘がつくられるかどうか、今ほど大事な時はありません。
 
宇都宮健児さんを野党と広範な市民団体の統一候補にするべきです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:社会問題

 

 

1