【参加者募集】10月20日(火)午後7時『「再エネと民主主義」デンマークからの報告』オンライン(ZOOM)講座

私も理事として参加しているNPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所の主催で、2020年10月20日(火)午後7時より午後9時まで、ZOOMを使ったオンライン講座を開催します。

 

原発ゼロ市民共同かわさき発電所ZOOMオンライン講座

 

テーマは『「再エネと民主主義」デンマークからの報告』です。

事前にメールで申し込みいただければ、誰でも無料で参加できます。

オンライン講座でZOOMを利用するため、スマートフォンもしくはパソコンを使い、ご自宅から参加する形式です。

 

講師は、デンマークに19年以上住んでいる、日本人のニールセン北村朋子さん。

『ロラン島のエコチャレンジ デンマーク発、自然エネルギー100%の島』という本の著者です。

 

 

デンマークという国は、1970年のオイルショック当初、原子力発電を国は推進しようとしましたが、国民的な議論が巻き起こり、1985年に政府は原発を採用しないことを決めたそうです。そこで風況のよいデンマークの特徴を活かして、風力発電を広めていこうとシフトしたそうです。

 

原発ゼロをめざす上で、その代替エネルギーとして再生可能エネルギー(自然エネルギー)を広めていくことは、表裏一体の課題です。ぜひ、ZOOMを利用したオンライン講座にご参加ください。

 

日時:2020年10月20日(火) 午後7時〜午後9時を予定

 

会場:自宅からパソコン・スマホを使って参加

 

参加方法:前日までに下記のアドレスにメールで申し込みをお願いします。

 

kawasakisaiene@gmail.com 

 

 ※当日は返信されてきたメールのリンクを選択してZOOMに接続して受講

 

 

参加費:無料

 

主催:NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所

 

お問い合わせ:電話044−722−6766(担当:高橋)

 

「再エネと民主主義」デンマークから学ぶ

 

JUGEMテーマ:脱原発

 

 

クラウドファンディングのお礼と報告が届きました・・・原発事故のあった福島県の子どもたちの保養

ほんの少しだけですが、クラウドファンディングで支援した、原発事故のあった福島県の子どもを青森県に招き保養する「遊ぼう青森!キッズサマーキャンプ2019」を主宰する「NPO法人 みんな地球の子どもじゃん」より、お礼のメッセージカードと、写真付きの文章での活動報告、公開されている動画の案内が届きました。

 

↑お礼に届いたメッセージカードです。

 

募金やカンパを集めたとき、協力してくれた人に報告をするということは、あたりまえのようで、なかなかできないことです。もらいっぱなしではなく、きちんと結果を報告してお礼を言うことを私も自分の活動の中でしっかりやらなければと改めて思いました。

「遊ぼう青森!キッズサマーキャンプ2019」の主催者の木村さんは、川崎市にいるときに、原発ゼロへのカウントダウンinかわさきの活動に参加してくれた方でもあります。

 

(活動報告動画)
https://www.youtube.com/watch?v=PqJWPD6vM_g

 

子どもの低線量被ばくが心配です。
福島原発事故は終わっておらず、放射性物質による汚染は数十年に渡り続いていきます。
それだけに一時的にでも、より線量の低い場所へ行って元気に遊び体も心も元気にする「保養」活動は大事だと思います。


※クラウドファンディングとは、NPO法人などがインターネットを活用して目的を公開して不特定多数から活動資金・寄付を集めるための方法であり、そのための様々なサイトがあります。寄付額に応じて、リターンや特典がある場合もあります。運営会社が一定の手数料を寄付金から天引きします。クラウドファンディングの登場で、手軽に幅広い人々に活動を紹介して資金集めができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:クラウドファンディング