夏の山梨県ドライブ・・・道の駅「南きよさと」

(この記事は、以前に掲載「夏の山梨県ドライブ ΑΑΔ箸鵑つ直治郎」、および、「夏の山梨県ドライブ◆ΑΑΑ崟粁ぅ謄薀后徂弦癸隠坑娃哀瓠璽肇襪離フェ」のつづきです。)

 

 

2019年8月18日(日)、「清里テラス」から「明野のひまわり畑」へ車で移動する途中、道の駅「南きよさと」に立ち寄りました。なかなか面白い道の駅でした。

 

清里は、緑に囲まれた別荘地として、おだやかな雰囲気の良い町です。

 

 

 

道の駅の駐車場から、空を見上げると、夏らしい、もくもくとした白い雲と青い空、そして、山々の緑。

 

 

この道の駅「南きよさと」には、清里で栽培された新鮮な野菜の直売所があります。

 

 

このお店の中で販売スタッフの1人が「値段は個々の出荷している農家が自由につけているから、安いもののあるし、高いものもある。よく選んで買ってくださいね」と教えてくれたのが、とても印象に残りました。

 

 

私たちは、安かったトウモロコシなどを買いました。

 

 

 

上の写真は、帰宅してすぐ茹でて食べたトウモロコシです。やわらかくて甘くておいしかったです。

 

 

 

 

そして、この道の駅「南きよさと」が凄いのは、道の駅のなかにケーブルカーがあること。

 

 

鯉のぼり号(往復350円)が山の上まで連れて行ってくれます。

 

 

今回は時間がなくて断念しましたが、山の上では、夏野菜の収穫体験、山頂広場での遊びが楽しめるそうです。

 

 

 

道の駅「南きよさと」の敷地内には、大きな池があり、たくさんの鯉と鴨がいます。

また、池を眺めながら食事ができるレストランもあります。

 

 

池の鯉にあげるための餌もあり、親子で餌をあげて楽しんでいる家族もいました。

 

 

カモもたくさん泳いでいます。

 

この「道の駅南きよさと」は、「RVパーク」にもなっています。

rvパークとは、楽しく車中泊をするための有料施設の総称です。

南きよさとの場合、5台まで、1泊24時間以内1000円で車中泊ができ、別料金ですがごみを捨てたり、電気を借りて使うこともできます。キャンプ場ではないので野外での調理などは不可です。

 

 

「夏の山梨県ドライブぁΑΑμ戚遒里劼泙錣衄」に続く

 

***

 

2019年8月17日(土)・18日(日)山梨県旅の記録

 「夏の山梨県ドライブ(1)・・・とんかつ直治郎」

 「夏の山梨県ドライブ(2)・・・「清里テラス」標高1900メートルのカフェ」

 「夏の山梨県ドライブ(3)・・・「道の駅南きよさと」

 「夏の山梨県ドライブ(4)・・・明野のひまわり畑

コメント