2019年12月01日(日)「子どもの未来をひらく川崎集会」&若者分科会にご参加ください

 

2019年子どもの未来をひらく川崎集会in法政大学中高等学校

 

2010年12月1日(日)10:00〜川崎市中原区にあります「法政大学第二中・高等学校」を会場にお借りして、「第30回子どもの未来をひらく川崎集会」が開催されます。

 

市民の有志による実行委員会が主催、川崎市(行政)や川崎市教育委員会、神奈川新聞社、読売新聞川崎支局、毎日新聞川崎支局、朝日新聞川崎支局、東京新聞の後援でおこなわれます。

 

今年は『「特別の教科 道徳」ってなんだ?』の著者であり小学校の教師である宮澤弘道さんにメイン講演をおこなっていただきます。

 

午後は、10個の分科会が開催され、参加者それぞれが自分の興味ある分科会に参加します。

 

私は『第9分科会 −若者分科会ー私の”明日”について聞いてもらえますか』のコーディネーターをしています。

高校生、学生から働く青年まで、それぞれの想いを語りつつ、これから避けて通れない平和、憲法、戦争についても、分科会参加者の皆さんと一緒に考えます。

 

アメリカでは、徴兵制が廃止され、経済的に苦しい立場の人々が、お金のため、医療保険のため(米国は国民皆保険ではないが軍隊に入隊すれば医療保険を家族も使える)、移民で市民権を手に入れるため、大学の学費のために、戦場に行っているといいます。

経済的徴兵制ともいわれる貧困と軍隊の関係は深刻な問題です。一方で、戦争の民営化がすすみアメリカでは戦争が常にないとこまるという企業・産業が増え、政治家や官僚と結びつき軍産複合体を形成して大統領まで動かしています。

 

隣国である韓国では徴兵制が存在し、男性は全員が軍隊に入隊する義務があります。

 

戦争、平和、憲法という問題は、自分に関係がない、興味がないとシャットダウンできるものではありません。

望む、望まないにかかわらず、向こうから、やってきてしまう問題です。

アジアへの侵略戦争への反省から、国民の総意として憲法9条を含む日本国憲法がつくられました。

 

これを守り生かすのか、昔のような戦争できる国に戻るのかが、私たち1人ひとりに問われています。

 

ぜひ、一緒に考えてみませんか。

 

誰でも参加できるイベントです。

資料代500円。

参加を希望される方は、私(かもした)までご連絡ください。

 

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=22d38e55c25db4a8

 

子どもの未来をひらく川崎集会若者分科会

 

会場となる「法政第二中・高等学校」は、JR南武線・武蔵小杉駅より徒歩およそ15分程度です。

会場には、9:30より入場できます。10:00開会、15:30終了予定です。

 

法政第ニ中・高等学校地図

 

JUGEMテーマ:日本の平和

 

 

コメント