役に立たないアベノマスク(布マスク)が、また政府から長寿の家に届いた話。税金の使い方がおかしい。運営費の直接補助こそ必要。

私が代表を務める「デイサービス 長寿の家」に、あのアベノマスク(布マスク)が、また合計35枚届きました。

 

役に立たないアベノマスク(布マスク)が、また政府から長寿の家に届いた

 

介護保険事業者に「アベノマスク」が配布されるのは2回目です。

 

2020年3月下旬に第1回の「アベノマスク」配布があった記事は、こちらを参照

 

マスコミ報道では、第2弾の介護施設等への「アベノマスク」配布計画に対して批判が殺到、計画の見直しや備蓄に回すという話だったので、何の事前連絡もなく突然、2回にわけて届き、びっくりしました。

 

宅急便で届いた第2弾のアベノマスク

厚生労働省より、突然、ダンボール箱に入ったアベノマスクが送られてきました。

簡単な説明文1枚(前回と全く同じもの)が同封されていました。

 

もはや説明するまでもないと思いますが、通所介護の現場に「アベノマスク」(布マスク)は必要ありません。

私たちは、できる限り、新型コロナウイルスの感染のリスクを低減させたいと思っています。

各種の研究結果でも、布マスクよりは、サージカルマスク(使い捨て紙マスク)の方が、フィルターの性能が良く、衛生的であることが証明されています。洗って繰り返し使うということは現実的ではありません。

 

また、アベノマスクは大人用と書いてありますが、サージカルマスクに比べて小さく、前回、受け取って使用した職員は「子ども用ではないか」、「もっと立派なものがくると思ったら、給食で使ったマスクではないか」、「サイズがあわない」と不評でした。

 

アベノマスクとサージカルマスクの比較

写真の上側が今回届いた「アベノマスク」。下側が市販されているサージカルマスク。

 

 

安倍首相自身、アベノマスクを着用してアピールしていましたが、まわりの官僚や自民党幹部が布マスクを使わなかったことからも明らかなように、アベノマスクは政策的失敗だったのです。

 

しかも、これは首相のポケットマネーではなく、私たちの税金で作り、検査して、配送料や事務費を払って配布しているものです。こんな税金の無駄づかいはひどすぎます。

 

人間なので時には予想外の結果となり失敗することはありえると思います。

しかし、普通は1回やってみて失敗したら、計画を見直す、または、取り止めるのが普通です。

失敗を認めず、公金を使って2回目の配布を強行することほど愚かなことはありません。

 

今、デイサービス、地域密着型通所介護は大きな経営の危機に直面しています。

長寿の家の場合、大きな減収となっていますが、政府の新型コロナ被害の事業者救済策である‐絽贈横娃伊円の持続化給付金制度、家賃や駐車場代を支援する家賃支援給付金制度、および、川崎市独自の事業者むけ給付金10万円は、弊社の場合は基準をみたさず1円ももらえないことが確定しています。

 

アベノマスクに使うお金があるのであれば、介護事業所への直接の経費の支援に使ってください。

 

ちなみに、長寿の家では、希望するスタッフには在庫がある限り何枚でもアベノマスクを持ち帰って良いと伝えてありますが、1回使うと役立たないとわかり、継続した利用希望者がおらず、人気がなく、前回(2020年3月)に配布された分も余っています。

 

JUGEMテーマ:気になること

 

(関連記事)

 

政府は、なぜこんなに高い値段で消毒液を仕入れて介護施設に配っているのか?

 

希望のつばさ福祉会「デイサービス 長寿の家」への新型コロナ・事業継続募金のお願い

鎌倉を歩く・・・小町通り「ドルチェ ファール ニエンテ」の鎌倉野菜のランチプレートと、報国寺(竹の庭)の散策

※この記事は、新型コロナウイルス・神奈川アラートが発令される前の7月12日(日)に鎌倉を訪れた時のものです。

 

竹寺とも呼ばれる竹林が美しい報国寺の竹の庭(HOUKOKUJI TEMPLE TAKENONIWA 

※美しい竹林が有名な報国寺「竹の庭」。妻のリクエストで行ってきました。

 

 

 

2020年7月12日(日)、約3時間という短い滞在時間でしたが、軽く鎌倉を散策してきました。

普段は、日帰りの旅行は車を使ったドライブを私は好んでいますが、鎌倉市は観光客が多い割に、主要な道路が狭く少なく、常に渋滞が発生する地形のため、電車と徒歩での散策がおすすめです。歩くことで運動不足の解消・ダイエットになります。

鎌倉市の旧市街は、山々に囲まれ、鎌倉幕府が置かれた場所であり自然の要害として守りやすい地形であったと言われています。そのため市街へのアクセスは限られており、車でお出かけする場合には渋滞を覚悟しないといけません。

 

この日は、妻と10時に自宅を出て、バスと電車で鎌倉駅へ。11:15すぎに着きました。

 

まずは、少し早めのランチ。

鎌倉駅を出てすぐにある小町通りの中にある鎌倉市の小町通りにあるカフェ&バー「ドルチェ ファール ニエンテ」は2階にあるので通り過ぎないように注意に行きました。

妻が「食べログ」を見て、行ってみたいと言っていたお店です。

 

新型コロナウイルスの影響で、日曜日にしては人が少ないように感じましたが、それでも、たくさんの人が観光していました。

カフェ&バー「ドルチェ ファール ニエンテ」は、2階に店舗があるため、気を付けないと通り過ぎてしまうようなお店ですが1階に案内の看板が出ています。

 

この階段を上がると2階にカフェ&バー「ドルチェ ファール ニエンテ」

この階段をあげって行くと、2階にカフェ&バー「ドルチェ ファール ニエンテ」があります。

 

Dolce far niente と店名のの書かれたバーカウンター

お店に入ると、店名である「Dolce far niente」と書かれた立派なバーカウンターがありました。

まだ12時前でしたが、少し早めのランチを楽しむお客さんが満席、私たちの他、2組が外で順番待ちをしていました。

途中からイスに座れましたが、約30分ほど待ちました。

 

店内は落ち着いた雰囲気と木材に囲まれて

お店の中は、広くはありませんが、天井も高く、木の床とテーブルの統一感のある落ち着いた雰囲気で、窓の外には、他人の敷地のようですが緑が広がっていました。

 

Dolce far niente iced coffee

この日は暑かったので、アイスコーヒーがとても美味しかったです。

 

鎌倉野菜のランチプレート Dolce far niente

お店のおすすめの「鎌倉野菜のランチプレート」をオーダーしました。

とても美味しかったです。

 

・季節の野菜のキッシュ

・野菜いろいろポタージュスープ

・手作りケーキのプチデザート

・パン

・揚げ夏野菜のマリネ

・いろいろなジャガイモと枝豆と豚ロース マスタードクリームソース

これらが少しずつワンプレートにのっており、とても美味しかったです。

特に、じゃがいもの料理は、あたたかく上手な味付けでした。

それと、デザートのチーズケーキが美味でした。

また、お値段も1880円でワンドリンク付いてくるのが良かったです。

数百円プラスするとドリンクをビールなどにも変更できるそうです。

 

鎌倉駅の鶴岡八幡宮(TURUOKAHATIMANGU)

昼食後、小町通りをぬけ、鶴岡八幡宮の前を通り抜け、約30分ほど歩いて「報国寺(竹の庭)」に向かいました。

道は大通り沿いに歩いていくと簡単ですが、途中から裏道に入り、静かな風景の中を歩きました。

 

報国寺(HOUKOKUJI TAKEDERA)

歩いて報国寺に着きました。7月12日時点で、まだアジサイが美しく咲いていました。

 

報国寺(HOUKOKUJI TAKEDERA)の案内板

入り口に報国寺についての案内板がありました。

中国で修業した僧侶が、足利家時、上杉重兼の支援をうけ寺を建てたことが書かれています。

 

お寺にお参り(HOUKOKUJI TEMPLE)

お寺にお参りをしたあと、有料ですが有名な「竹の庭」の散策ができます。

 

報国寺の竹の庭(HOUKOKUJI TEMPLE TAKENONIWA

「竹の庭」は、拝観料が300円、抹茶を飲む場合には拝観料込みで900円です。

 

報国寺の日本庭園

竹の庭には、少しですが日本庭園・池もあります。

 

報国寺の洞窟とお墓

遠くは、洞窟と墓石が見えます。

 

報国寺も台風の被害

美しい風景が広がっていますが、よく見ると上部をワイヤーのようなもので固定している竹が何本もありました。昨年の台風の被害が原因のようです。

 

報国寺「竹の庭」神奈川県鎌倉市

静かな竹林の中を歩くと心が落ち着きます

 

報国寺で抹茶をいただく

入り口で抹茶券を購入しておくと、こちらで竹林を見ながら、お抹茶をいただくことができます。

新型コロナウイルス対策で、席数を減らしており、スタッフはマスクとフェースシールドを使用して接客していました。

そのため、少し待たされて席に案内されました。

 

報国寺でいただいたお抹茶と和菓子

こちらが、お抹茶と、和菓子。茶道で出されるお茶よりも量がいっぱい入っていました。

 

茶屋の中から覗く竹林

茶屋の席は、ソーシャルディスタンスを意識して間隔をとっていました。

 

お抹茶を見ながら眺める竹林(報国寺)

お茶を飲みながら、美しい竹林を見ることができます。水の流れる音も聞こえて風流でした。

 

報国寺の竹の庭とお地蔵様

お地蔵様と竹林。

 

お寺の鐘(HOUKOKUJI)

報国寺の近くから帰りはバスに乗り鎌倉駅へ。

新型コロナウイルスが心配なため、この日の鎌倉の滞在時間は3時間。

14:00に駅に着き、そのまま帰りました。

 

短時間でしたが、充実した時間でした。

妻は報国寺(竹寺)は初めてで行きたいと言っていたので、喜んでもらえてよかったです。

 

JUGEMテーマ:鎌倉

 

【鎌倉を歩く・・・小町通り「ドルチェ ファール ニエンテ」の鎌倉野菜のランチプレートと、報国寺(竹の庭)の散策】