イギリスのEU離脱について

 

報道によると「英国は1月31日夜(日本時間2月1日朝)、半世紀近く加盟した欧州連合(EU)から離脱した。国民投票で離脱を決めてから約3年半。政治の混乱を経て迎えた歴史的な節目の瞬間、ユニオンジャックの国旗が揺れた。離脱を待ち望んだ人々は歓喜に沸き、残留を望んだ人は涙した。」(日経新聞)という。

 

それぞれの国が、どんな外交政策をとるのかは、それぞれの国民が決めるものであり、他国の国民が口出すべき問題ではない。

民族自決権は尊重されなければならない。

 

その前提のうえで私の感想を述べる。

 

*************

 

2020年1月31日、イギリスがEUを離脱した。

いわゆるブレクジッドである。

 

EUの創設は、ヨーロッパで戦争を繰り返さないという崇高な理想を含む壮大な社会実験であり、そこから大国イギリスがぬけることは残念に思う。

 

しかも、英国での離脱の是非を問う国民投票の際はフェイクニュースが飛び交い、正確な情報が提供され熟議されたうえでの決定されたものではない。

 

EU加盟国は、通貨にユーロを使用していたが、大国イギリスは自国の通貨ポンドをそのままEU加盟時も使用していた経緯がある。金融政策の独自性を担保しつつEUに加盟していた関わり方は、国益にかなっていたはずだ。本当にEUから離脱するメリットは、デメリットを上回るのか?EUはすべてが上手くいっているわけではないが、関税同盟、単一市場と移動の自由、EU全体での労働者を守るルールの確立、地域の安定に積極的な役割を果たしていると思う。

 

EUにとっても初の脱退国の誕生によって、今後、求心力を維持できるか試練の時を迎えることになる。

 

第一次世界大戦、第二次世界大戦の教訓を忘れず、ヨーロッパで戦争を繰り返さないという理念を、EUもイギリスも持ち続けてほしい。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

3月8日(日)『脱原発 TALK LIVE』開催 当日のボランティア募集(原発ゼロへのカウントダウンinかわさき集会の会場内)

私の主宰する「希望のつばさプロジェクト」では、2020年3月8日(日)に中原平和公園で開催される「第9回 原発ゼロへのカウントダウンinかわさき 集会&デモ」の会場内で、ブースを出店して今年も、メインゲストの方と対話する「脱原発 TALK LIVE」を開催いたします。

 

第7回原発ゼロへのカウントダウンin川崎集会での希望のつばさプロジェクトブース

 

写真は、第7回集会のものです。この時は、元湖西市長の三上元さん、「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟の服部崇さんにお話をしていただきました。

 

2020年の「脱原発! TALK LIVE」では、東芝で原子炉の設計に関わっていた後藤政志さん、東海第二原発の再稼働に反対している脱原発ネットワーク茨城の小川仙月さん、「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟の原告団事務局長の服部浩幸さんに出演をお願いしています(現在、交渉中)

 

上記の3人は、13時よりおこなわれるメイン集会で発言予定のメインゲストです。

 

第9回原発ゼロへのカウントダウンinかわさき集会は、2020年3月8日(日)10:30〜中原平和公園で開催されます。

 

10:30〜公園内の広場で、様々な市民活動の紹介ブース、食べ物の模擬店などがオープンします。

例年、30団体以上がブースを出しています。

「脱原発! TALK LIVE」は、その中の1つのブース(希望のつばさプロジェクト)で実施します。

 

ちなみに、希望のつばさプロジェクトの代表の鴨下元が、原発ゼロへのカウントダウンinかわさき集会全体の事務局長も務めています。

 

当日の運営ボランティアを募集

 

希望のつばさプロジェクトでは、この3月8日(日)に準備も含めて朝9:30〜12:00まで、「脱原発! TALK LIVE」を手伝ってくれるボランティアを募集しています。

 

手伝ってもいいよという方は、お気軽に、ご連絡ください。

 

(ボランティア登録は、こちらから)

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=ad98adcd685a139c

 

原発ゼロへのカウントダウンかわさき集会2019年デモ行進

2019年3月10日に開催した第8回原発ゼロへのカウントダウンinかわさき集会&デモには、1300人の市民が参加しました。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:脱原発