秋の花火大会(第78回川崎市制記念多摩川花火大会・第41回世田谷区たまがわ花火大会)

2019年10月5日(土)、私の住む川崎市の多摩川河川敷で「第78回川崎市制記念多摩川花火大会」が開催されました。この花火大会は、多摩川を挟んで対岸にある世田谷区の「第41回世田谷区たまがわ花火大会」と同日同時刻に連携して同時開催されるイベントです。

 

この花火大会、川崎市側の打ち上げ場所は、最寄り駅が二子新地駅で、駅から東側に進んだ多摩川河川敷が打ち上げ場所であり、花火を間近で見るならば一等地となる場所です。しかし、とても込み合うため、私は穴場スポット?ともいえる少し離れた「とどろき緑地」側の多摩川河川敷で花火をみました。

 

少し打ち上げ場所より離れた場所でしたが、かなり大勢の人が集まっていました。

 

 

秋の花火大会は、珍しいと思います。もともとは8月下旬に開催されていましたが、8月は台風で中止になることも多く、秋に開催時期をずらして開催されるようになりました。

 

 

この場所は、決して大迫力で見られるという距離ではありません。しかし、地元の人でないとやや道が複雑ですが、JR南武線・武蔵中原駅から徒歩15分〜20分で移動できることもあり、花火をみるうえでは、良い場所と思います。

 

 

 

上記の写真のように決して花火は間近に見れるわけではありませんが、「ドーン」と大きな音とともに色鮮やかな花火が観れました。

 

 

 

花火も、たくさんの種類がありますね。

 

 

地面から吹き上がる、めずらしい花火もありました。

 

 

花火大会といえば「夏」が定番ですが、「秋」の花火大会もいいものですね。

 

 

※この素晴らしい日から1週間後、この多摩川河川敷は台風19号によって増水して、溢れる寸前まで水かさが増して、河川敷にあったものは、ほぼすべて流されました。

 

JUGEMテーマ:花火大会

 

 

 

クラウドファンディングのお礼と報告が届きました・・・原発事故のあった福島県の子どもたちの保養

ほんの少しだけですが、クラウドファンディングで支援した、原発事故のあった福島県の子どもを青森県に招き保養する「遊ぼう青森!キッズサマーキャンプ2019」を主宰する「NPO法人 みんな地球の子どもじゃん」より、お礼のメッセージカードと、写真付きの文章での活動報告、公開されている動画の案内が届きました。

 

↑お礼に届いたメッセージカードです。

 

募金やカンパを集めたとき、協力してくれた人に報告をするということは、あたりまえのようで、なかなかできないことです。もらいっぱなしではなく、きちんと結果を報告してお礼を言うことを私も自分の活動の中でしっかりやらなければと改めて思いました。

「遊ぼう青森!キッズサマーキャンプ2019」の主催者の木村さんは、川崎市にいるときに、原発ゼロへのカウントダウンinかわさきの活動に参加してくれた方でもあります。

 

(活動報告動画)
https://www.youtube.com/watch?v=PqJWPD6vM_g

 

子どもの低線量被ばくが心配です。
福島原発事故は終わっておらず、放射性物質による汚染は数十年に渡り続いていきます。
それだけに一時的にでも、より線量の低い場所へ行って元気に遊び体も心も元気にする「保養」活動は大事だと思います。


※クラウドファンディングとは、NPO法人などがインターネットを活用して目的を公開して不特定多数から活動資金・寄付を集めるための方法であり、そのための様々なサイトがあります。寄付額に応じて、リターンや特典がある場合もあります。運営会社が一定の手数料を寄付金から天引きします。クラウドファンディングの登場で、手軽に幅広い人々に活動を紹介して資金集めができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:クラウドファンディング