NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所・第5回総会を開催

JUGEMテーマ:NPO・NGO

 

6月23日(日)、私も結成準備から参加している「NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所」の第5回総会が開催されました。

 

「NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所」は、2011年3月11日の福島原発事故を契機に、再生可能エネルギー(自然エネルギー)を普及させ、脱原発、原発ゼロの日本の実現をめざすために結成されました。準備の段階から、様々な立場の市民が、思想・信条・支持政党の違いをこえて参加しています。

 

私たちは市民出資によって、これまでに1号機、2号機、3号機の太陽光発電所を小規模ですが完成させ、第4号機の建設の準備をすすめています。私たちの発電所に出資すると、20年後に出資金は戻ってきますので寄付ではありませんが、利子はつきません。それでも出資が集まるのは、NPO法人の名前にもある「原発ゼロ」という大義に共感してくれる方が、たくさんいるからです。

 

また、反対運動だけでは、いつも政府に無視をされて成果が実感できないが、市民発電所づくりは政府の意向に関係なく着実に再エネが目に見える形で増え、そのことが結果的に原発がいらない日本につながっていくという点で、とても小さな一歩ですが、特別なやりがいがあると話すメンバーもいます。

 

総会では、まず川岸卓也理事長があいさつ

 

 

総会には3名の方が来賓として参加され、あいさつをしていただきました。

来賓の1人目は、(株)生活クラブエナジーの知野営業部長。

市民発電所で発電された電力は、最初はやむをえず東京電力に売電していましたが、原発を推進する東京電力には売りたくないという話になり、現在は、生活クラブエナジーに市民発電所で発電した電気を売っています。生活クラブエナジーは生協の組合員へ、再エネを中心とした電気を販売しています。

 

2人目は、(株)太陽住建の近藤総務部長。

太陽住建は、市民発電所の施工をお願いした会社の1つです。

おひさまフェス×星空上映会など、地域のイベントにも積極的に参加、協力してくれています。

 

3人目は、かわさき生活クラブ生協の野村常務理事

再エネ促進条例の署名等、様々なご協力をいただいています。

 

現在、正会員は56名。委任状を含めて、無事に総会は成立

 

総会の司会は、加藤伸子副理事長がおこないました。

 

議長と書記を理事以外から選出。今年も議長は永田眞一さん、書記は木下博行さんがおこないました。

 

活動報告や新年度の活動方針を川岸理事長が報告

今期より監事を務める鈴木伸子さんが財務及び業務監査の結果を報告

 

田中哲男副理事長より、活動方針について補足説明

 

鳥海幸恵理事より、再エネ促進条例づくりの現状などの説明がありました。

 

総会は、活動報告、決算、予算、活動方針等の議案をすべて賛成多数で可決。無事、総会が終わりました。

 

 

総会終了後、「意見交換会」を実施。

三枝信子副理事長をファシリテーターに、発電事業の収益の使い方、原発ゼロの実現など、テーマごとに少人数のグループをつくり、徹底討論しました。

 

 

 

 

NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所 公式サイト

https://genpatuzero-hatuden.jimdo.com/

めったに行けない高級店、ベンジャミン・ステーキハウス(六本木)に行ってきた話

JUGEMテーマ:肉類・肉料理

 

妻の親族が六本木にある高級ステーキ店「ベンジャミンステーキハウス」(BENJAMIN STEAKHOUSE ROPPONGI)で働いており、その彼が考案した開業2周年記念コースが6月限定であるということで、お誘いがあり、めったに行けない高級店に行ってきました。

 

アメリカで人気のお店であり、日本には六本木と京都の2店舗のみあります。

 

 

六本木駅のすぐそばにあるお店。

扉をあけて地下1階に「ベンジャミンステーキハウス」があります。

 

地下へ続く階段。高級感のある内装、著名人がお店に来た写真も飾ってありました。安倍首相の写真もありました。

 

店内は、こんな感じでした。私たちは、写真の席よりゆったり座れるシートに案内されました。

 

このお店、通常は2人でディナーを食べると、3万円超えてもおかしくないお店ですが、今回は、開業して2周年記念の、お二人で22222円というリーズナブルなコース(乾杯用のシャンパン付)を食べてきました。

 

一品目は、JUMBO SHRIMP SALAD (ジャンボシュリンプサラダ)。

大きなエビが、とても美味しかったです。前菜のサラダというより、これがメイン料理でも通じそうなボリュームと味でした。

 

二品目は、BENJAMIN SOUP(ベンジャミンスープ)。

牛骨を2日間煮込んで作ったというスープは濃厚で美味しかったです。

 

2種類のパン

 

そして、メインのUSDA PRIME BEEF FILET MIGNON( 米国農務省認定プライムビーフ フィレミニョン)

Creamless Creamed Spinach, Mashed Potato(クリームレスクリームスピナッチ、マッシュポテト付)。

 

日本ではステーキといえば和牛の霜降り肉をイメージしますが、こちらは赤身の熟成肉。

写真だと小さくみえますが、実際には大きく食べごたえ十分でした。

 

ミディアムレアで中は鮮やかな赤色。

ナイフを入れると、とても柔らかく、簡単に切れました。

そして、赤身のお肉は、とてもジューシーで美味しかったです。

実は他店で何回か食べた「熟成肉」はあまりおいしいと思ったことがなかったのですが、こちらの4週間、風にあて熟成させるドライエイジング製法の赤身肉は、いままでにない深い味わいで美味しくたべることができました。

表面を乾燥させて熟成させるので、余分な水分が飛び旨味と香りが内側に凝縮されたお肉となるそうです。

霜降りの脂身中心の肉ではなく、赤身のため、固めだと思っていましたが、やわらかいことに驚きでした。

量が多いので、最初は、何もつけずに(塩味で焼いてある)、途中から塩・胡椒、最後はお店オリジナルのソースをかけて、味の変化を楽しみながら食べました。

 

最後は、デザートとコーヒーをいただきました。

3月に結婚したばかりだったので、デザートプレートには「結婚おめでとう」とメッセージと花火が付いていました。

嬉しい心遣いです。

 

高級なワインもいただき、とてもボリュームのある食事を、美味しくいただきました。