本栖湖の芝桜、富士山周辺のドライブ(2019年5月12日撮影) 後編

※この記事は、前回の続きです。

 前編を読んでいない方は、まず「本栖湖の芝桜、富士山周辺のドライブ(前編)」をお読みください。

 

「富士芝桜祭り」を見た後、車で少し仮眠をとり、まだ午前中だったので「鳴沢氷穴」によりました。

車で20分ぐらいかかりました。

 

私は子どもの頃、学校の遠足か何かで、「氷穴」「風穴」に来た記憶がうっすらとあり、その頃は身体も小さかったので洞窟の中を歩いたことが大冒険に感じた気がします。大人になって、ひさしぶりの「鳴沢氷穴」でした。

「鳴沢氷穴」は富士山に連なる長尾山の噴火でできた溶岩洞窟らしいです。1年間をとおして涼しく、平均気温は3度程度だそうです。

昔は電気で動く冷蔵庫などなかったので、天然の冷蔵庫的役割をもつ保管庫として活用されていたそうです。

どういった仕組みで、1年中涼しいのか、案内板がありました。

 

富士山に積もった雪が解け、冷たい雪解け水が地下水となって洞窟の周辺を流れている、そのため洞窟内も冷たいということのようです。

 

入場料(大人350円)を支払うと、洞窟に入る前に、ヘルメットをかぶるように指示があります。

ヘルメットなんて大げさ、いらないと思うと大間違い。

上から危険物が落下してくる可能性は高くはありませんが、中が狭いため、大人はヘルメットをかぶっていないと移動時に天井の岩に頭をぶつける可能性が高いのです。

 

こんな感じの狭い階段の通路を降りていきます。

 

「鳴沢氷穴」の中は決して広くなく、すぐ見終わってしまいますが、小学生ぐらいの子供には、ドラゴンクエストやファイナルファンタジー的な冒険気分が味わえて、よい思い出になると思います。

 

名前に「氷」という文字が書いてあるように、洞窟を歩いていくと、氷の塊がいくつも置いてあります。

しかしながら、これは自然に「鳴沢氷穴」の中で出来た氷ではなく、外部から持ち込んでものを展示用に飾ってあるそうです。

それでも、冷房設備がない洞窟のなかで、5月でも融けずに形を保持できているのは、「鳴沢氷穴」の空気が冷たい証拠です。

 

こちらの氷は、「鳴沢氷穴」の中で自然に地下水が凍ってつらら状に固まった天然の氷です。

量は多くありませんが、天然ものの氷も見ることができました。

 

洞窟のなかは狭いので、10分もあれば見終わってしまいます。

坂道をあがり、ヘルメットを返却して終了です。

でも、十分に楽しめました。

 

 

「鳴沢氷穴」の見学がおわり、先ほどの「富士芝桜祭り」で買った「いちご大福」を食べました。

大きなイチゴがまるごと1粒入っていて美味でした。

 

本日のドライブは、早朝出発で富士五湖へ来たので、本栖湖、富士芝桜祭り、鳴沢氷穴を見学しても、まだ午前中。

時間があまったので、河口湖の「カチカチ山ロープウエイ」に乗ることにしました。

車は河口湖の湖畔にある無料駐車場に停めました。

 

河口湖の湖畔。県営無料駐車場のそばに「河口湖富士山パノラマロープウェイ」(カチカチ山ロープウェイ)があります。

 

駐車場から見た、カチカチ山とロープウエイ。

日曜日なので、乗るまで15分ほど待ちましたが、乗ってしまえば数分で山頂です。

順番待ちをしている間も、壁に「カチカチ山」の昔話のストーリーが乗っており、退屈しません。

 

ロープウエイは、こんな感じ。満員電車のような混み具合です。うまく窓際に場所取りができると、美しい景色が見えます。

 

ロープウェイを降りると、たくさんの人がいて、売店や「かちかち山」のオブジェもあります。

 

山頂から見た河口湖。

 

カチカチ山の山頂から見た富士山。この日は天気がいまいちでしたが美しい。

 

ちなみに、この場所はアジア系の外国人観光客がたくさんでした。

 

うさぎ神社もあります。

 

「カチカチ山」の正式名称は「天上山(てんじょうざん)」

なぜ、この場所が「カチカチ山」となったのか、それは作家の太宰治の作品が由来であると紹介されていました。

 

日本昔話の「かちかち山」の有名なシーンを再現したウサギとタヌキのオブジェ

 

山頂では様々な美味しい食べ物も販売されています。たぬき団子(400円)を食べました。

 

その後、ロープウェイで下山。

 

ロープウェイ乗り場のそばに、「FUJIYAMA COOKIE」というクッキー専門店があります。

ここのクッキー、味もよいですが、デザインがGOOD。お土産に喜ばれます。

 

お土産用に購入。1枚単位でバラ売りもしているので、お土産用とは別に、車のなかで食べるように2枚買いました。

 

時計をみると12時を回ったところ。

もう少し遊びたいですが、日曜日の中央自動車道が渋滞・混雑するので、はやめに帰路につきました。

 

高速道路は快適、まだ昼間なので渋滞もなくストレスなく運転できました。

 

途中、談合坂SAで昼食。

談合坂サービスエリアは食が豊富です。

 

少しお高いですが「焼き鯖寿司」を購入。

 

さらに山梨の豚肉をつかった2種串焼きも食べました。

 

15時には、川崎に帰着。

早めに出発したので渋滞はありませんでしたが、カーラジオからは中央道の渋滞の交通案内が流れてきました。

やはり、首都圏から富士五湖へのドライブは、早く出発して、早めに帰ってくるが正解のようです。

(終わり)

 

****

 

前編を読んでいない方は、まず「本栖湖の芝桜、富士山周辺のドライブ(前編)」をお読みください。

 

 

JUGEMテーマ:ドライブ

 

 

 

 

NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所・第5回総会を開催

JUGEMテーマ:NPO・NGO

 

6月23日(日)、私も結成準備から参加している「NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所」の第5回総会が開催されました。

 

「NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所」は、2011年3月11日の福島原発事故を契機に、再生可能エネルギー(自然エネルギー)を普及させ、脱原発、原発ゼロの日本の実現をめざすために結成されました。準備の段階から、様々な立場の市民が、思想・信条・支持政党の違いをこえて参加しています。

 

私たちは市民出資によって、これまでに1号機、2号機、3号機の太陽光発電所を小規模ですが完成させ、第4号機の建設の準備をすすめています。私たちの発電所に出資すると、20年後に出資金は戻ってきますので寄付ではありませんが、利子はつきません。それでも出資が集まるのは、NPO法人の名前にもある「原発ゼロ」という大義に共感してくれる方が、たくさんいるからです。

 

また、反対運動だけでは、いつも政府に無視をされて成果が実感できないが、市民発電所づくりは政府の意向に関係なく着実に再エネが目に見える形で増え、そのことが結果的に原発がいらない日本につながっていくという点で、とても小さな一歩ですが、特別なやりがいがあると話すメンバーもいます。

 

総会では、まず川岸卓也理事長があいさつ

 

 

総会には3名の方が来賓として参加され、あいさつをしていただきました。

来賓の1人目は、(株)生活クラブエナジーの知野営業部長。

市民発電所で発電された電力は、最初はやむをえず東京電力に売電していましたが、原発を推進する東京電力には売りたくないという話になり、現在は、生活クラブエナジーに市民発電所で発電した電気を売っています。生活クラブエナジーは生協の組合員へ、再エネを中心とした電気を販売しています。

 

2人目は、(株)太陽住建の近藤総務部長。

太陽住建は、市民発電所の施工をお願いした会社の1つです。

おひさまフェス×星空上映会など、地域のイベントにも積極的に参加、協力してくれています。

 

3人目は、かわさき生活クラブ生協の野村常務理事

再エネ促進条例の署名等、様々なご協力をいただいています。

 

現在、正会員は56名。委任状を含めて、無事に総会は成立

 

総会の司会は、加藤伸子副理事長がおこないました。

 

議長と書記を理事以外から選出。今年も議長は永田眞一さん、書記は木下博行さんがおこないました。

 

活動報告や新年度の活動方針を川岸理事長が報告

今期より監事を務める鈴木伸子さんが財務及び業務監査の結果を報告

 

田中哲男副理事長より、活動方針について補足説明

 

鳥海幸恵理事より、再エネ促進条例づくりの現状などの説明がありました。

 

総会は、活動報告、決算、予算、活動方針等の議案をすべて賛成多数で可決。無事、総会が終わりました。

 

 

総会終了後、「意見交換会」を実施。

三枝信子副理事長をファシリテーターに、発電事業の収益の使い方、原発ゼロの実現など、テーマごとに少人数のグループをつくり、徹底討論しました。

 

 

 

 

NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所 公式サイト

https://genpatuzero-hatuden.jimdo.com/