シレトコドーナツ

JUGEMテーマ:名物グルメ

 

今、話題?の「シレトコドーナツ」を食べました。

 

美味しかった。

 

ドーナツの中から熊さんが顔を出している。

本店は北海道。

牧草地の広がる北海道・中標津町にあるスイーツ・ドーナツ工房『シレトコファクトリー』さんの商品です。

 

妻が品川で買ってきてくれました。

 

6月2日福島原発かながわ訴訟判決をうけて(シンポジウム)

 

 

2019年6月2日(日)、横浜市の開港記念会館で「ふくかなトライアルセミナー 福島原発かながわ訴訟判決を受けて(シンポジウム)」が開催、私も参加してきました。

 

第1部では、ドキュメンタリー映画「恐怖のカウントダウン −東海第二原発を止めたいー」(30分)の上映がおこなわれました。福島に住んでいて2011年3月の東日本大震災と福島原発事故によって首都圏に避難してきた1人の方が、今、再稼働が狙われている茨城県東海村を訪れ、再稼働をめぐる問題を明らかにする、わかりやすいドキュメンタリー映像でした。

 

第2部は、パネリストによるシンポジウム。

まず、画期的な勝訴判決となった2019年2月20日の横浜地裁での「福島原発かながわ訴訟」判決の解説と評価を、弁護団の黒澤知弘弁護士(馬車道法律事務所)がおこないました。

 

「福島原発かながわ訴訟」は、福島原発事故によって避難を余儀なくされた福島県民の方々のうち、神奈川県に避難されてきた方を中心に、完全な賠償、東京電力と日本政府の事故に対する法的責任の明確化を求めて集団訴訟として闘われている裁判です。

事故後の東京電力の補償は、金額的に不十分であったり、場所によって不公平な算定となっていました。

 

判決は、被告「国」「東京電力」に対し、連帯して、原告175名のうち、152名に対して総額4億1863万円の支払いを命じました。原告が訴えていた、ふるさと喪失慰謝料も一部認められ、中間指針等による賠償基準は超え、前進しました。しかし、原告団が求めていた水準からは極めて不十分という側面もありました。

 

また、裁判では、2009年の貞観津波の知見によって、2011年の津波による原発事故は予見できたとして、国の責任を認めたことも重要でした。

 

一方、低線量被ばくによる健康への影響が過小評価されるという問題もありました。

 

原告、被告双方が控訴して、このたたかいは横浜地方裁判所から東京高等裁判所へステージが移ります。

 

つづいて、福島県南相馬市で果樹園を営んでいたところ原発事故がおき、神奈川県に避難してきた村田弘団長があいさつ。

これまでの支援に感謝をのべつつ、福島でのモニタリングポスト撤去の動き、放射性物質の汚染度の再利用問題などについて発言、政治を変える必要性も訴えました。

 

村田弘さんは、今年3月に川崎市で開催した「原発ゼロへのカウントダウンinかわさき」集会&デモにも参加いただき、1300人の参加者の前でスピーチしていただきました。

 

 

もう1人、福島県からの避難者、唯野さんも発言。

福島原発事故について、時間の経過とともに記憶の風化がすすむ中、自分達被害者以外に毎日、原発事故のことを考えている者はいないこと、国が福島原発事故を「なかったこと」にしようとする、真実を覆い隠そうとする動きをひしひしと感じること、マスコミは報道しなくなっても未だに4万人以上の避難者がおり、200人を超える小児甲状腺がんが見つかっていることを忘れないでほしいという主旨のお話をされていました。とても心に響く訴えでした。

 

たくさんの方が参加していました。

 

パネリストの1人として、おしどりマコさんも登壇。

おしどりマコ&ケンは、吉本興業の子会社である「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に所属するお笑い芸人として活躍されてきましたが、福島原発事故を契機に、問題意識をもち東京電力の説明会に通い続け、被災者に寄り添う活動をしてきた方です。

2019年7月に予定されている参議院選挙では、立憲民主党の比例候補として国政に挑戦する予定です。

 

おしどりマコさんは、福島県の農民の団体の方が、政府と交渉している様子の動画を紹介。

国は、生産される農産物の安全性は気にかけているが、そこで働く農民は放射性物質で汚染された農地で働かざるを得ず、国の対策は「農地で食事をしない」「放射線量が高い場所は早足で通り過ぎる」など不十分なもので、農民の健康と命を軽視しており、農民の健康影響への調査も拒否している安倍政権の姿勢を強く批判しました。

 

 

福島原発事故は、終わっていないし、収束のめどもたっていません。

被害者は今も闘っています。

私が事務局長を務める「原発ゼロへのカウントダウンinかわさき実行委員会」も、微力ではありますが、福島の被害者、当事者の方々と今後も連帯していきます。